久しぶりに植物の手当てをしていた

久しぶりに植物の手当てをしていた

珍しく天気が悪かったので、ベランダで植物の手入れをしていました。今の季節は、チューリップやスイセンなどの球根の花たちが終わり、薔薇の季節が始まりです。プランターに植えていた球根たちは葉だけになってしまったので、来年も使うスイセンなどを除いて始末して、ベランダをすっきりさせました。薔薇はピンクの早咲きのものが満開になり、その他の白や赤、薄紫の薔薇などもつぼみをたくさんつけて後に続こうとしているので、これからの季節は毎朝ベランダに出るのが楽しみです。他にもローズゼラニウムが薄いピンクの花を咲かせ始めていて、近くに置いたヤグルマギクの青や濃い紫とよく似合っていて可愛らしいですし、今の季節は園芸好きにはたまらないものがありますね。しかし毎年のこととはいえ、うどん粉病との攻防はうんざりします。ベランダなので出来るかぎり薬品は使いたくないので、ネットでみた情報で米ぬかを直接うどん粉病にすりつけて白い部分を落とすと良いという方法を試してみたのですが、効き目はあるのかどうか。これから注意深く観察していくつもりです。そしてそろそろ夏野菜の苗の植え付けもしなくてはいけません。明日にでもホームセンターでトマトやナスなどの苗を探しに行く予定です。